隠れ家を作ってみました




ウチにいるようになってどれくらいでしょう
5、6年?覚えてないや

晴れて主婦になったら
時間の感覚もなくなっちゃって恐ろしい事です

そして
そのだらだらした日々の5年間
すねーるがくつろぐ場所はリビングのソファでした

そこにテレビがあるので
家事が終わったら
ワンコたちとくっついてまったり時間を過ごします

ところが
これがけっこうまったり出来てないので
イライラさせられるのです

ウチの家は一階建てながら床面積はわりと大きい

それがカリフォルニア式のオープンフアロアだから
4つの寝室以外みんな見渡せる間取りです

これって一見オシャレだけど良し悪し

キッチンでカメコが何やらガタガタ始めたり
玄関からミナミとその友達がガヤガヤ入って来たり
後ろを通るオットが話しかけて来たり、、、
いろんな人や物がリビングを行き交うと言うわけです

ソファに座ってるすねーるをチラッと見て
お母さんていつもヒマそうだよね〜なんて
娘たちに言われるようになっては母としてマズい気もする

あなたたちが小さい頃は
お母さんは仕事が終わってから保育園に迎えに行って
オムツ洗って夕ご飯の支度や、、、、やめた

そんな言い訳も今更メンドくさくって 笑





b0366211_06221757.jpg




そこで考えました
じゃーん

ボロボロなので捨てようと思いつつ
すわり心地が良すぎて捨てられなかった椅子を引っ張り出し
夫婦寝室の隅っこを陣取りました

窓際に座ると庭の緑も見え
カーテン越しに風も入って気持ちいいです

オットにも言いました
入る時はノックしてね〜 笑





b0366211_06230265.jpg





iPadと電子ブックのKindleと文庫本
それにチーちゃんも忘れずに連れて来ましたよ

けっこう落ち着くな〜
狭いとこって本能的にリラックスできるらしい

Kindleでエイミー タンを読み終わって
その後は待ち時間にでも読もうと羽田空港で買った
「家守奇譚」面白いです

借家に住み始めた主人公の元を
いろんな不思議なものが訪ねて来ると言うお話

一章ごとに植物の名が付いて
目の前に情景が浮かぶような読みやすく美しい文章

「西の魔女が死んだ」を書いた人
そっちは以前テレビで映画をやってたけど途中までしか見なかった

これからは本を読むぶんテレビ時間が減りそうです
良い事だ




にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ


[PR]
# by stellalove124 | 2017-05-29 07:18 | アメリカ暮らしあれこれ | Trackback | Comments(2)



隣り町の野菜スタンドに行って来ました

こないだ耕して水を引いてたと思ったら
もう緑の列が並んで見える畑




b0366211_04191688.jpg



帰りにバゲットも買ったので
久しぶりにブラスケッタ Bruschetta 作りました

キュウリ、トマト、グリーンペッパーなどを小さく切って
シアントロ(パクチー)、ガーリック、塩少々
そしてたっぷりのオリーブオイルで軽く混ぜるだけ

アボカドも入ると豪華です




b0366211_04340657.jpg




マシュルーム・ブリーとカッテージチーズ添えました

飲み物はコストコにあったサングリア
氷いっぱい入れてます

暑くなると火を使わないこんな手抜きが楽ちん

庭に出て小鳥の声など聞きながらのランチは
いつもより美味しく感じますね〜





b0366211_04343933.jpg



それにやっぱりスタンドで買う地元の野菜は味が違います

オットもおいしい、おいしいと言いながら食べてくれたので
嬉しいような悲しいような

時間かけた料理にはたいして反応しないくせに 笑




にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ

[PR]
# by stellalove124 | 2017-05-28 04:44 | 美味しいもの | Trackback | Comments(2)

思えばダラダラした人生を過ごしてきたけど
最近背筋がスッと伸びる感覚が戻って
それがいいな〜好きだな〜と感じる時があります

故郷に9年ぶりで帰ったら
どんどん加速度が増し
この2年間で3回も帰りました

この背筋がスッ感覚は
日本にいると身近でよくあります

神社仏閣を訪ねる時
散歩で出会ったお地蔵さまに手を合わせる時
きれいな器に盛られた日本料理や
古い家屋のシンプルな美しさにハッとする時

忘れかけてたDNAが疼きます

ヨーロッパで見た豪華なお城や室内装飾
アメリカで見た砂漠の夕陽
息を飲む美しさに感動しても
DNAレベルに到達する種類ではなかったです
当たり前だけど

日本から戻って来て
普通の事を丁寧にしたいな〜と思うようになりました

朝ゆっくり家の掃除をして花を飾り
残りの惣菜を小皿に盛ってお盆に乗せ
季節の箸置きなど選んで「いただきます」と言う時
アメリカで暮らしていても背筋がスッと伸びる気がします

この少しぴっと張り詰めた空気が心地良いです

こうやって小さな事をきちんと積み重ねてたら
結果、幸せな老後が出来上がるんじゃなかろうか
と願ったりしています

おととし定年退職した姉からのライン

「ダンナさんが山の畑で野菜をとって来てくれたので
茹でてるところです、こんな事ばかりしています」

いいな〜と嬉しくなりました
こう言う普通に穏やかな暮らしがこれからの理想です




b0366211_04295195.jpg


2度目の薔薇
咲いて来ました





にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ

[PR]
# by stellalove124 | 2017-05-25 04:35 | 思った事いろいろ | Trackback | Comments(4)



サンフランシスコからの帰り
娘カメコが
天気がいいから灯台に寄ろうと誘ってくれました





b0366211_04035957.jpg





天気はいいけどね
ブリッジのあたりはいつでも冷たい強風です

橋を歩いて渡る人たちも命がけ
楽しいんだか何だかね〜 (個人の意見です)

橋から見えるアルカトラズ島と
サンフランシスコの街は絶景ですが
厚いコートをお忘れなく






b0366211_04132342.jpg




灯台は
橋を見下ろす観光スポットの峠を越えて
まだまだ先です

左手にゴールデンゲートブリッジ





b0366211_04054855.jpg




そして前方は岬まで続くフリーウェイ

あの左手の先っぽが Point Bonita
ボニータってくらいだから綺麗なんでしょう

行ったことがないんです
ワクワク

たまに若者(娘世代)と遊んでもらうと
こう言う未知の扉を開けてくれるので嬉しいです





b0366211_05102465.jpg





遠くに見えるゴールデンゲートブリッジ

のどかな風景とは裏腹に
岬まで歩くトレイルはものすごい強風

スマホがぴらぴら強風にあおられ写真も撮りづらい






b0366211_04061535.jpg




ここなんて飛ばされまいと
思わずカメコにしがみついちゃいました

前方を歩く男性たちは
がっつり重しが効いてそうですが

チーちゃんやペブルだったら
ブワーって舞って海に真っしぐらだわ〜
と変な想像したらゾワっとしました

(そのせいかどうか
ワンコは入ってはダメって書いてたけど)

そして
やっとたどり着いた扉ですが
灯台へ抜ける道がこの日は閉まってました





b0366211_04362697.jpg
お借りした画像


残念だった〜と帰ってボニータ灯台をググって
びっくりしました

扉の先にはこんな恐ろしい光景が広がってたんです

写真ではのんびり見えます
気持ち良さそ〜に見えます

しかし
崖沿いの道でさえ吹き飛ばされるかとビビった強風
さらに岩にへばりついたこの吊り橋?

ムリムリ

未知の扉閉まってて良かったです
若者って怖さ知らずだわ





にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ

[PR]
# by stellalove124 | 2017-05-24 05:06 | サンフランシスコ街歩き | Trackback | Comments(14)


こないだの母の日の続き

娘カメコに母の日ランチをおごってもらい
ヒッピーの街を通って
着いたのはゴールデンゲートパーク

サンフランシスコをぎゅーんと縦断してる巨大な公園です




b0366211_02480481.jpg



草原みたいなとこにバッファローがいたり
池や日本庭園や美術館があったり
都会人の憩いのオアシスとなっています

シリコンバレーのせいで2015年
ついに米最高の住宅価格となったサンフランシスコベイエリア
つい公園の土地代を換算してしまいました〜




b0366211_02483084.jpg




その公園内にある
San Francisco Conservatory of Flowers

ヴィクトリア時代に建てられた
美しいガラスの温室として人気です





b0366211_02512458.jpg



中に入るとムッとした暑さ
日本の夏みたいで懐かしい





b0366211_02520079.jpg




苔の噴水が癒し系で可愛かったです





b0366211_02503725.jpg



そうそう
この睡蓮の写真を撮ってた時のこと

三人組チャイナおばちゃんたちがドカドカやって来て
どいてどいてとすねーるを押したのです

何この図々しさ、ムカッときました




b0366211_03335561.jpg



が、後ろにいた小さいおばあちゃんの手を引いて
はいお母さん、そこに立ってね
(とすねーるをどかした場所を指差し)

みんなで写真を撮りはじめたので
三人姉妹の母の日か〜
なんだか微笑ましくなっちゃったのでした 笑

あとでカメコに告げ口したら
私のお母さんにひどい〜って慰めてくれました
ヒヒヒ





b0366211_03343002.jpg




蝶々のいる部屋もあります
ここで蝶々を孵化させてるらしいです

写真撮ってたら
お兄さんが振り向いてニコって笑ってくれました





b0366211_02484934.jpg





蝶々はよく動くのでピントがブレブレ
カメコの新しいスマホは羽根の鱗粉まで写ってたぞ〜

ちょうど三年前の母の日にオットから頂いた iPhone5s
ずっと大事に使って来ましたが

カメコの鱗粉写真を見せられた瞬間
早く壊れてくれって思った




b0366211_02492122.jpg



かわいいヴィクトリアンハウスの街並みが続きます





b0366211_02494919.jpg



夏が近づくと
どんどん観光客も増えるサンフランシスコ

この日はお天気も良くて
二階建てのツアーバスが街中に走っていました





にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ

[PR]
# by stellalove124 | 2017-05-23 03:42 | サンフランシスコ街歩き | Trackback | Comments(2)

ベイエリアの端っこで、三匹の犬と一匹の猫、のんびりカタツムリのような暮らしです。たまには都会にも出てみます。


by すねーる