人気ブログランキング |

海辺の街ロヴィ二で絶対絶命


さてグランパの話はちょっと置いといて (笑
イストリア半島の続き

山を越えると海が見えてきた
まるで南イタリアの雰囲気だがレモンの木はない

ガイドのターニャは駐車場を探してから追いつくと言うので
一足先に街へ入ることになった





海辺の街ロヴィ二で絶対絶命_b0366211_06002038.jpeg




今考えればこれが大間違いだった

まっすぐ通りを抜けた所で待っててと言うので
すねーるとオットは彼女が指差す方へ向かった(つもり)





海辺の街ロヴィ二で絶対絶命_b0366211_06021831.jpeg



裏通りの細い路地を登って行く
エアコンが落ちて来そう

突き当たりでしばらく待った
遅すぎない?と心配になった頃メッセージが入った
何処にいるの?
慌ててオットが目の前のカフェの名前を言う





海辺の街ロヴィ二で絶対絶命_b0366211_06341269.jpeg




分からないから海の方に出て来てって言ってる
そりゃそうだろう
カフェなんて100軒はありそうだ

それよりこの銀行の名前言った方が良かったのに

表の海岸通りは最後の夏を楽しむかのように
観光客で賑わっている

またターニャからメッセージ
ウンウン、オッケーと説明を聞いたオットがズンズン歩き出す
え〜そっちは駐車場と反対だよ
文句言うすねーるにオットは聞く耳持たず





海辺の街ロヴィ二で絶対絶命_b0366211_05581568.jpeg




15分くらい延々と歩いた

あんなに出てくれと願った太陽が今はガンガン照りつけて暑い
美しい景色を楽しむ余裕も失せた
すねーるはもうここに座っちゃうからねとイライラし始めた
勝手にしろとオットはまだ歩いて行く

くねくね狭い坂道がいくつも走って迷路のような島
もう探せないんじゃないかと心配になって来る




海辺の街ロヴィ二で絶対絶命_b0366211_07014172.jpeg




道端の大きな石に腰を下ろす
テーブル席でのんびりアイス食べてる人たちが恨めしい

こんな事になるとは知らず写真をいっぱい撮ったので
すねーるのスマホバッテリーは今にも死にそうだ
ターニャはこの連絡番号しか知らない
あ〜絶対絶命





海辺の街ロヴィ二で絶対絶命_b0366211_08275744.jpeg


(高身長で美人のターニャさん)


しばらく泣いて(ウソ)顔を上げると
見覚えのある赤いバックが人混みを掻き分け通り過ぎようとしてる
ターニャだ 😭 おーいここだよ!

オットも慌てて引き返し
1時間近くかかってやっと3人出会えた






海辺の街ロヴィ二で絶対絶命_b0366211_05591168.jpeg





ごめんね、はっきりした場所を言えば良かったとターニャ
いや、勘違いして反対に向かったのが悪かったとオット

二人はもう何も無かったかのように笑いながらスタスタ歩いていく
こう言うとこって日本人にはない切り替えの早さだわ〜
そう、あんた達のせいよ!
ブチブチ怒りをくすぶらせながらランチへ




海辺の街ロヴィ二で絶対絶命_b0366211_05575608.jpeg




レストランでは海辺のテラス席に案内してもらい
あの Ozujsko ビールでだんだん機嫌も直って来た

すねーるはツナのステーキにオットは焼いたイカ




海辺の街ロヴィ二で絶対絶命_b0366211_08353762.jpeg




パパが反対方向に行っちゃうからだよ〜とブツッと漏らしたら
じゃあ君が直接ターニャから説明を受ければ良かったねと言われた
もっともだ





海辺の街ロヴィ二で絶対絶命_b0366211_07012217.jpeg




食後は高い塔のある教会へ

昔ロヴィニは島だった
埋め立てをして陸地と繋げたらしい





海辺の街ロヴィ二で絶対絶命_b0366211_06013430.jpeg





塔のてっぺんに登るのにチケットを買った
登り始めたら、、、こりゃダメだわ〜

木の階段がスカスカで下が丸見えだから足がすくむ
サンダルでなんとか半分来たが見上げたらまだまだ続いてる
折り返します〜40クーナ(700円)無駄にした





海辺の街ロヴィ二で絶対絶命_b0366211_06494114.jpeg


教会の内部を見学しながら二人が降りて来るのを待つ




海辺の街ロヴィ二で絶対絶命_b0366211_07004809.jpeg



ライオンに食べられ殉教した人たちの絵
これは痛そう

アドリア海からの風がふんわりカーテンを膨らませる午後





海辺の街ロヴィ二で絶対絶命_b0366211_06400586.jpeg



カメラだけはオットに託したので塔てっぺんからの眺めをどうぞ





海辺の街ロヴィ二で絶対絶命_b0366211_06345381.jpeg



窓に猫ちゃんたちがいたよ

大昔はローマ帝国でヴェネツィア支配の時期もあり
近代でユーゴスラビアそしてクロアチアとなった

住んでる人たちは大変だっただろう




海辺の街ロヴィ二で絶対絶命_b0366211_05593317.jpeg


こんな絵になるお店もある




海辺の街ロヴィ二で絶対絶命_b0366211_06010378.jpeg



だんだん日暮れが近づいた

誰が落としたのかポツンと置き去りにされてたピカチュウ
あ〜もう少しでこの子みたいになるとこだった




海辺の街ロヴィ二で絶対絶命_b0366211_08390633.jpeg



その後でPula プーラのコロセウムを見に行った
イタリアのも見たけど古代ローマ人って何処まですごいんだか

ご先祖様の残した建築遺産のおかげで
レストランのぼったくりで炎上してもイタリア観光客は絶えないのだ






海辺の街ロヴィ二で絶対絶命_b0366211_08394052.jpeg




大きすぎて入らない
パノラマにするのってどうやるんだっけ

ザグレブに着いたらもう夜の9時過ぎだった
迷った分ターニャは超過勤務となったようなので
現地ガイドにチップはいらないと聞いてたけど多目に渡した
小さい子供達がいるのに頑張ってるママさんガイド
楽しかった〜ありがとう




にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村
Commented by so249 at 2019-10-07 19:55
うわぁ、ターニャさんに再会できるまで生きた心地しなかったですね・・。
と、思いつつ風光明媚な画像追っかけましたけどね~。^^
指示通りの方向に動いてるつもりで、反対へ、とかつまりは老化なんですけど
最近私もやらかすので、人事でなかったです。苦笑

Commented by stellalove124 at 2019-10-07 23:34
> so249さん
さんしぇさん。
写真では閑散と見えるけど海岸通りはすごい混雑だったので、
ターニャさんも焦ったと思います。
そっちじゃないよ〜と止めようとした私は、まだ夫ほど老化が進んでないと思いたい。
たしかに最近そう言うのが増えました。思い込みによる勘違い。
老眼になったせいもあるかな、、、あ〜辛い。笑
by stellalove124 | 2019-10-07 08:46 | クロアチア 2019秋 | Comments(2)

ベイエリアの端っこでのんびりカタツムリ(すねーる)のような田舎暮し。三匹の犬と一匹の猫も一緒。たまには都会にも出てみます。


by すねーる
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31